« サイパンに行ってきました | トップページ | 報告 、卒業しました »

2010年11月12日 (金)

銅版画教室

  夏休みが終わってから、全く日記を書いていませんでした。
  すでに秋から冬に向かっていま。今日は11月とは思えない暖かさですけどね。

 クマノミの卒業後の進路希望も出し終えてちょっとほっとしているところですが、ぎりぎりまで迷った末、実習をしていない施設を第二希望に書いたので、もう一度実習に行かなくてはなりません。
 クマノミのタイプにぴったりと言う施設はなかなか難しいです。ケースワーカーさんも困っていました。

 器用にいろいろできるけれど、やる気がないのです。好きな作業だと集中できるんですけどね。

 できることなら美術の勉強をさせたいけれど、生活面が全然だめなので、作業所で何か好きな仕事を見つけたいと思います。

 でも、趣味の部分ではいろいろ可能性を探っていきたいと思っています。

 絵を描いても、細かい線が好きななので、銅版画の教室に通い始めています。ネットで偶然発見したのですが、家からも近いし、先生も理解がある方な のでまだ2回目ですが、クマノミも楽しく通っています。学校帰りに出かけて帰りも結構遅くなるのですが、苦にならないようです。
 でも、帰ってからはいつものルーティンワークが間に合わなくて大忙しでした。

 水木しげるさんの本を見て、銅板に鉄筆で描いています。昨日はマジックで下絵を描き、その上をなぞるやり方でしたが、鉄筆で描く時は、修正しながら描いているので下絵とは微妙に違います。

 版画だから反転して写ることを教えたら、今回は反転するのを想定して描いています。
 裏文字を書くのは得意なのです。絵も見本を見て反対に描いていますが、これって意外に難しいと思います。

2010111116550000

  今回は初めて刷りました。まずは前回エッチングした作品です。

 インクを塗ってから丁寧に拭きます。最初は洗顔用のネットのようなもので拭き、最後は紙で拭きます。

 

2010111117290000

2010111117330000

 専用のプレス機で刷ります。 ハンドル回すクマノミも真剣です。

 どんな作品が出来上がるかとても興味深いようで、時間オーバーしても2作目も刷りました。

 一度に何枚もいる印刷とは違い、1枚1枚インクを付けて丁寧に仕上げます。

2010111118010000

完成

2010111118050000

携帯の写真だとわかりずらいですが、上下の作品は技法が違うので雰囲気も違います。

どちらも水木しげるさんの描いた外国の妖怪です。実物の方が写真よりずっといい感じなので、実物を見て欲しいなあ。

銅版画教室のブログにも早速載せて下さいました。

http://plaza.rakuten.co.jp/masatonagai/

こちらの写真は細かいところまで写っています。

|

« サイパンに行ってきました | トップページ | 報告 、卒業しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148100/50004733

この記事へのトラックバック一覧です: 銅版画教室:

« サイパンに行ってきました | トップページ | 報告 、卒業しました »