« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月13日 (土)

行事がまた1つ終りました

 文化祭が終わり、体育大会も終りました。行事が終る度に卒業が近づき、淋しい気持ちになります。小学校の時もそうでしたが、中学卒業は進路が別々なので余計に淋しいです。進路はまだ迷っているけれど、どこに行くにしても、同級生たちとは別の学校に通うことになります。クマノミは淋しいと感じないのでしょうか?信州の小学校を去る日、クマノミがポロポロと涙を流して走っていったのを思い出します。何か感じるものがあったのでしょうね。小学校卒業にはあまり抵抗がなかったみたいだけれど、中学卒業はどんな気持ちで迎えるのかなあ?半年もあるのにそんな事ばかり考えてしまいます。母もクマノミ以上に淋しい気持ちになると思います。今のクマノミにとって学校はすごく安心して過ごせる場所で卒業してもそんな場所が見つかるといいなあ。

Fasta_0171_3 Fasta_016 Fasta_0021_2 Taiikusai_0101

Fasta_005_2   

            

 文化祭の作品展示です養護学級の作品が展示されています。ハンドルを回すと作品が入れ替わります。先生の手作りです。一番左は砂絵のサイボーグ009。珍しいキャラクターを選びました。 

Taiikusai_027 Taiikusai_0311 Taiikusai_037 Taiikusai_0361

 

                 体育祭では100m走、団体競技の大縄跳び、組体操に参加しました。今年は入場行進もサポートなしで一人で歩きました。

 100m走もスタートからほとんど止まる事なく、ゆっくりでしたが完走。小学校一年生の時は、ゴール地点にウルトラマンの絵を持った先生が立って誘導してくれて、それでも何回も止まってしまったのに、中学最後の体育祭は見事に一人で走りました。でも、退場の時の方が走るそうです。真剣に走ったらすごく速いクマノミです。
 大縄跳びは得点種目なので、クマノミは練習のみ参加。でもクマノミも何回か跳べるそうです。友達が跳ぶのを見ている姿が楽しそうでした。
 予定外に参加してしまった玉入れ。1年生の種目でしたが、玉入れの籠を倒して数を数えようとすると突如乱入。籠を倒すのがイヤだったようで、係りの3年生の邪魔をして玉を顔にぶつけました。見ていてハラハラしましたが、係りの子が笑っていたのでご愛嬌。クマノミを知らない人はびっくりしたかも。その後も何度か乱入を試みたようですが、先生がしっかり抑えてくださったようで何事もなく終了。

 3年男子の組体操は体育祭でもっとも盛り上がる種目です。クマノミは先生のサポートで参加すると聞いていましたが、あんな立派にこなせるとは思っていなかったのでびっくり。思わずうるうるしてしまいました。小6の時にも組体操は参加しましたが、その時よりもクマノミのできる事がグレードアップ。高い所に上がれてとても嬉しそうでした。必死に抑えてくれた養護学級の先生方に感謝!(^^)!最後に体育の先生がクマノミの健闘をたたえて下さったのも嬉しかったです。女子のダンスも男子の組体操もあまり練習時間はなかったはずなのに、一生懸命やっている姿がとても感動的でした。クマノミの同級生達は何でも全力投球で頑張る素晴らしい友達です。クマノミの事も理解してサポートしてくれます。
 競技が終ってから、クマノミの友達のお母さんが「クマノミ君よく頑張っていたね」と声をかけてくれたり、電話を下さったりして、とても幸せな一日でした。
 来月は音楽会、それが終ったら受験に向かってまっしぐら。クマノミは勉強するわけではないけれど、養護学校以外も受けてみようかと検討中です。クマノミはあと残りの半年間、楽しく学校生活を過ごせたらいいなと思います。
 サザナミヤッコは大学受験に向かって頑張っています。彼は、身の回りの事をきちんとするのは相変わらず苦手だけれど、勉強はコツコツまじめにするタイプなので、目標とする大学に入れると信じて応援しています。

 中学高校の3年間ってあっと言うまですね。親はそれとともにどんどん年をとっていきます。(当たり前だけど) 今年は私も体力を保つために努力しています。おかげで夏ばてもなく、クマノミを追いかけるのも楽になりました。クマノミをサポートするには体力がないともちません。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »