« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

悩むなあ

 もうすぐ夏休みも終わり。今年も学校のプールは全て参加できました。クマノミ用の宿題も、美術の宿題もやっと全て終了。最初のうちは好調に計算問題をやっていたのに、2桁×2桁の掛け算になったら、突然「漢字をやる」と言い出して、漢字に移行。漢字が終わったら、その訳がわかりました。掛け算も2桁以上になると集中力が続かない事と短期記憶が弱いので、途中でわからなくなるみたいです。つきっきりで教えないとすぐ気持ちがそれます。1時間の授業中に数問しかできないのは、絵を描いてしまうからだけじゃないんだ。
 できるようになるまでやらせるべきか、桁数が増えたらね電卓もOKにするか悩むところですが、大人だって桁数が増えたら、電卓を使う今日この頃、電卓の使用も考えていくことにしました。でも、楽な道に走るクマノミだから、できる計算も電卓を使おうとしそうです。
 先生と相談してクマノミのペースにはまらないようにしないといけないですね。 

 2学期も引き続きマラソンクラブがあります。クマノミはごほうびを楽しみにしていますが、先生とも相談して次回は2学期の終了をゴールにしようと考えています。2月期は長いからちょっと心配です。最初のマラソンクラブ(2007年1月)から1学期終了までランニングと一輪車の走行距離を足すと83.2kmになるそうです。砂袋を背負って負荷をかけている事を考えると100kmに相当します。クマノミもいつかはフルマラソンとは言わないけれど、10kmくらいのマラソンには参加できたらいいなあと思います。

 2学期に入ると文化祭があり、体育祭、音楽会と続き、3年生は受験に向かってまっしぐらです。クマノミの進路はまた未定。それも悩みだけれど、友達や、先生方、クマノミが安心して過ごせる場所である学校を離れるのは淋しいです。

 先日神経科の先生に進路の事を相談しましたが、無理して普通の学校に行って、楽しい学校生活を送っている子はほとんどいないと言われて、ますます悩んでいます。でも、給食を食べられないのは大きな問題だから、それがクリアできないと養護学校は無理じゃないかとも言われ、「いったいどうしたらいいの~」

 思春期に入り、そろそろ健常の子供たちと同じ生活をさせるのはいろいろ問題も出てきてはいるのですが、苦手な子たちが多くいる養護学校より、普通高校の方がクマノミにとっては快適に過ごせる事は確かなのです。でも、将来の事を考えると今のうちに一緒に過ごせるようになった方がいいのかなとも思います。選択肢はほとんどありません。在宅の可能性もあります。

  なんだか暗い話になってしまいましたが、今までもスタートは大変でも、だんだん良い方向に変化していったので、高校生活もうまく行くと思うことにします。一番大変なのは高校卒業後ですね。今は残りの中学校生活を楽しく過ごさなくちゃね。

 今日は雷に怯えて外出をキャンセルしたクマノミ。テーブルの下に隠れて「怖いよー」と叫んでいました。エアコンのリモコンを私に渡して「雷を止める」と言ったのには笑ってしまいました。

 

 

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

クマノミの俳句

 明け方から雷が鳴り、クマノミは寝ぼけながらも「隠れなきゃ、隠れなきゃ」と言っていました。朝は小雨でしたが、結局先生方に少し待ってもらってプールに参加することが出来ました。

 あと一回で夏休みの学校のプールは終了。今年もパーフェクトに参加できそうです。学校のプールのある日は早起きもできて、規則正しく過ごすことができます。貸切状態で泳げるので快適なのか、眠くても「学校のプール行く」と言って起きてきます。

 体操着にサンダルで出かけます。先日運動靴を履こうとしたので、「夏休みはサンダルでいいよ」と言うと「夏休み、運動靴も夏休み」と一句詠みました。季語があるから俳句かな?

 宿題も順調に進んでいます。あと4ページで終わりです。でも苦手な掛け算を残しています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

琵琶湖周遊の旅

 070529_013 070529_008 070529_014                                    070529_017_4          070529_042070529_036_3                            

070529_021070529_034_2 070529_025           070529_029          070529_031

続きを読む "琵琶湖周遊の旅"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »