« 赤目四十八滝 | トップページ | 和歌山県って広いんだなあ »

2005年11月12日 (土)

武庫川渓谷

 20051016
<場所>JR福知山線西宮名塩駅→北山第二トンネル→武庫川第二橋梁→大峰山登山口→温泉橋→武田尾温泉→JR武田尾駅
<歩いた距離>8km<2時間>

 名塩駅まではうちから車で、1時間。駅のショッピングセンターの駐車場にとめて、帰りに買い物をすれば、駐車場代も安くすみます。
 名塩駅から、武庫川渓谷の入り口(木ノ元バス停あたり)まで民家の間を歩きます。このあたりは山の上にマンションが立ち並び、新興住宅地の雰囲気。でも武庫川渓谷に入って少し歩くと景色の変化にびっくりします。川には白鷺?みたいな鳥がいて、断崖絶壁の上にはバッファローがいるような雰囲気。鳥は本当に居ました。こあたりは旧福知山線が走っていたところで、枕木が残っています。所々にトンネルがありますが、真っ暗なので、懐中電灯が必需品。トレジャーハンティングの気分です。クマノミは懐中電灯を振り回しながら、どんどん進んでいきます。まるでこうもりのようで、クマノミは暗闇を歩くのがへっちゃら。超音波を発しているのかもしれない。トンネルは結構長くて、恐いです。懐中電灯なしでは絶対歩けません。ここには昔C57やDD54などのSLが走っていたそうです。温泉橋を渡ると武田尾の街中に入ります。温泉街になっており、立ち寄り湯もあります。武田尾駅まで歩いて福知山線に乗ると次の駅が西宮名塩です。家から近いところにこんな面白いところがあるなんて、びっくり。_095 _097 _100 _104 _107 _109 _110

|

« 赤目四十八滝 | トップページ | 和歌山県って広いんだなあ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武庫川渓谷:

« 赤目四十八滝 | トップページ | 和歌山県って広いんだなあ »