2013年11月16日 (土)

長らくのご無沙汰でした

 気づいたら、一年近くも書いていませんでした。

 この一年間良い事も悪い事もいろいろありました。

 クマノミは元気ですよ。ただ、犬恐怖症がどんどんひどくなって外出が大変になっています。

 それでも、銅版画、木彫、スケート等好きな事は続けています。

 

994357_512296235512307_1039388850_n

970755_479218478820083_1945780587_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

成人式

 明けましておめでとうございます。
 ずいぶんご無沙汰していましたが、クマノミも今年成人式を迎えました。

 相変わらずのこだわりで家族を困らせていますが、本人は絶好調です。

 今年も仕事、銅版画、スケートの三本柱で頑張ります。

 

2013_064

蛇年と言うことで蛇の版画です。

Photo

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

余暇も忙しい

 久々の日記です。
 最近のクマノミは相変わらず、犬に怯える毎日です。が、最近は期間限定でヘルパーさんに送迎してもらうことが多く、ヘルパーさんと一緒の時はずいぶん我慢できるようになりました。
 「煙の術を使う」とか「オバQ大作戦」などと言って自分でも頑張ろうとしているようです。オバQじゃ、犬に弱いはずなんだけれど。

 銅版画教室に通うのが週に二回になり、シルクスクリーンも初めて、作品も増えました。
 作業所でも二回目の作品展を開催しています。

 

Dsc_1199

先月には版画教室での作品展には展示して頂きました。

535833_313127685429164_372753093_n

 スペシャルオリンピックスのスピードスケートも頑張らないわりには大好きで毎回楽しみにしています。

 写真は合宿の時のインラインスケート練習。

 

Nobeyama

 スペシャルオリンピックスのプログラムには5月から木彫りにも参加しています。

 

Kibori

相変わらずパニックは多いけれど、充実した日々を送っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

最近のクマノミ

 最近フェイスブックやミクシィに書くことが多くてこちらはずっとご無沙汰でした。サイパン時代のお友達がこちらにメッセージをくれたので、こちらにも時々は書かなくちゃね。

 先月はクマノミの作品を作業所で展示して下さいました。



11_2



22

上は銅版画の作品。

下はウルトラマンマトリョーシカです。

今回の展示は終了しましたが、また展示して下さるそうです。

作業所でのクマノミは仕事も頑張って穏やかに過ごしています。4月になり新しいメンバーが増え、楽しいようです。

しかし、日常生活ではますますこだわりが増え、親に対する要求が増えています。一番困っているのは以前から苦手だった犬がますます苦手になったこと。吠えていなくても姿を見ただけで逃げ出したり、道路に飛び出したりします。

車の前に飛び出したこともありました。毎日寿命が縮まる思いです。送迎をお願いしている緊急介護人さんと一緒の時はある程度我慢できるようです。昨日は移動支援のヘルパーさんと版画教室へ行く途中、二度も飛び出したそうです。

クマノミと移動中はとても緊張します。我が家の近所も作業所の近所も犬がうじゃうじゃいます。去年までは吠えている犬のみに反応していたのに現在はすべての犬に反応しています。小さい頃は犬ぞれにだって乗せてもらっていたのに。

何故なんでしょう?

クマノミの苦手な幼児と犬を避けていたら、大好きな散歩だっていけません。

どうしたらいいんでしょうかねえ。

次に病院に行ったら相談してみます。医師は薬を薦めますが、薬で恐怖心は収まるのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

ポコラート展

 ずっとご無沙汰していましたが、クマノミは元気に作業所に通っています。

 現在開催中のポコラート展にクマノミの銅版画の作品が入賞しました。

 

Akuryo


タイトルは「悪霊」水木しげるさんの世界の妖怪の中のグリーンランドの妖怪だそうです。

アーティストトークにも参加しましたが、おもちゃ交換のコーナーの本が気になって、ご機嫌斜め。上手に発表できませんでしたが、私が書き加えた「フィンランドの妖怪です」と言う部分をグリーンランドと訂正して読んでいました。

自分の作品が飾られことは嬉しいようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

報告 、卒業しました

 久々の日記です。

 先週、クマノミは特別支援学校の高等部を卒業しました。

 写真は後でアップしますね。

 卒業式、パーティも無事行われてほっとしています。

 東京でも地震の影響で、卒業式が行われた学校もあるようです。大学等では、入学式も中止になるようです。

 この時期、我慢しなくてはいけないこともたくさんありますが、急な変更に弱いクマノミが、無事卒業式を終えられたことに感謝です。

 スケート教室や絵画教室が急に中止になり、パニックなったクマノミ。しかし、地震が原因なんだと言うことは理解していて「東北太平洋沖地震は終わった」などと時々つぶやいています。不安定になりながらも、節電にも協力しています。

 4月1日からは作業所に通所します。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

銅版画教室

  夏休みが終わってから、全く日記を書いていませんでした。
  すでに秋から冬に向かっていま。今日は11月とは思えない暖かさですけどね。

 クマノミの卒業後の進路希望も出し終えてちょっとほっとしているところですが、ぎりぎりまで迷った末、実習をしていない施設を第二希望に書いたので、もう一度実習に行かなくてはなりません。
 クマノミのタイプにぴったりと言う施設はなかなか難しいです。ケースワーカーさんも困っていました。

 器用にいろいろできるけれど、やる気がないのです。好きな作業だと集中できるんですけどね。

 できることなら美術の勉強をさせたいけれど、生活面が全然だめなので、作業所で何か好きな仕事を見つけたいと思います。

 でも、趣味の部分ではいろいろ可能性を探っていきたいと思っています。

 絵を描いても、細かい線が好きななので、銅版画の教室に通い始めています。ネットで偶然発見したのですが、家からも近いし、先生も理解がある方な のでまだ2回目ですが、クマノミも楽しく通っています。学校帰りに出かけて帰りも結構遅くなるのですが、苦にならないようです。
 でも、帰ってからはいつものルーティンワークが間に合わなくて大忙しでした。

 水木しげるさんの本を見て、銅板に鉄筆で描いています。昨日はマジックで下絵を描き、その上をなぞるやり方でしたが、鉄筆で描く時は、修正しながら描いているので下絵とは微妙に違います。

 版画だから反転して写ることを教えたら、今回は反転するのを想定して描いています。
 裏文字を書くのは得意なのです。絵も見本を見て反対に描いていますが、これって意外に難しいと思います。

2010111116550000

  今回は初めて刷りました。まずは前回エッチングした作品です。

 インクを塗ってから丁寧に拭きます。最初は洗顔用のネットのようなもので拭き、最後は紙で拭きます。

 

2010111117290000

2010111117330000

 専用のプレス機で刷ります。 ハンドル回すクマノミも真剣です。

 どんな作品が出来上がるかとても興味深いようで、時間オーバーしても2作目も刷りました。

 一度に何枚もいる印刷とは違い、1枚1枚インクを付けて丁寧に仕上げます。

2010111118010000

完成

2010111118050000

携帯の写真だとわかりずらいですが、上下の作品は技法が違うので雰囲気も違います。

どちらも水木しげるさんの描いた外国の妖怪です。実物の方が写真よりずっといい感じなので、実物を見て欲しいなあ。

銅版画教室のブログにも早速載せて下さいました。

http://plaza.rakuten.co.jp/masatonagai/

こちらの写真は細かいところまで写っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

サイパンに行ってきました

 ずっと書いていませんでした。半年以上ご無沙汰でした。
 いろいろあったのですけれどね。

 とりあえず、来年の卒業に向けての作業実習を頑張っています。

 今は夏休みなので、そんなこと忘れて毎日遊んでいます。普通なら大学受験の勉強に忙しい年のばず。ずっちが幸せなのかしら?

  長男のこの時期よりクマノミの方が楽しそうなのは確かです。

 7月末から5泊6日でサイパンへ行ってきました。
 ハンマーヘッドは仕事のため、お留守番。初めての三人での旅行です。すごく不安だったけれど、サイパン時代の友人Mちゃんがお世話してくれたおかげで楽しい旅になりました。
 サザナミの生まれた病院へ家を訪問するなど、普通ではできない体験もしてきました。 

 この時期日本はすごく暑かったのだけれど、サイパンは雨季で雨が多く、日本よりずっと涼しかったです。

 

Dscf1692

病院のナースたち。病室にまで入れてくれました。

Dscf1689

Dscf1693_2

サザナミヤッコの生まれた家です。

Dscf1770

サイパンの海は相変わらず青いです。

Dscf1750

船も大好き。

Dscf1848

ハードロックカフェでノリノリのクマノミ。音に過敏なのに、大音響でもロックは好きみたい。

Dscf1903

リゾートしています。

Dscf1882

豚の丸焼きです。

Dscf1884

サンデーブランチです。

Dscf1740

クマノミがクマノミに変身

Dscf1875

リムジンの前で

 

Dscf1869

エアーホッケー対決

Dscf1979

楽しかったね。

丸4日間の滞在、長いようであっと言う間でした。特に大きなトラブルはなかったけれど、

クマノミはちょっと不安だったようでスケジュールの変更は嫌がっていました。Mちゃんがいろいろフォーローしてくれたからどうにか無事帰ってこれました。

 クマノミは怖そうな人には従うってことも今回わかりました。入国の時は、係員の指示にしっかり従って、帽子はヘッドホンもはずしました。英語だったのに、ちゃんとわかったみたいです。

 また行きたいな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

文化祭大成功

 文化祭がありました。高校しかない支援学校なので、練習を開始したのは三学期になってから、準備期間は二週間くらいだったのかも。
 一緒に見に行った義妹は保育園の先生だから、「保育園の行事は練習が多くて、自閉症の子にはつらい」と言っていました。練習期間が短いから、負担にもならず楽しく当日を迎えられたのかもしれません。

 クマノミたちは4月の沖縄修学旅行に備えて、沖縄をテーマにした劇をしました。
クマノミはサトウキビの精の役。せりふはひとつしかないけれど、楽器を鳴らして踊ります。クマノミは楽器を弾いたり、リズムに合わせて踊るのは苦手みたい。なんだかテンポがずれていましたが、セリフは上手に言えました。

 劇が終わって、作品展示を見に行きました。家庭科はランチョンマットとティシュケース。裏返すと縫い目がガタガタだけれど、表はとてもきれいに縫えていました。美術の作品はお面。骸骨を作りました。絵の作品は総合活動のアートクラスで作ったもので、ピカソの模写だそうです。贋作者になれるかも。

 午後は、ポスターの入選作の表彰があり、クマノミの作品は「すばらしいで賞」を頂きまし た。クマノミも前に出て賞状をもらって嬉しそうでした。夏休みの最終日に思い出して急いで描いた作品だったのに思いがけず賞を頂いてびっくりしましたが、投票の際にはちゃっかり自分の作品に一票投じていたらしいです。作品は個人情報が入ってしまっているので残念ながらアップできません。

 最後は近くにある音楽学院の人達の演奏に合わせて、生徒全員で「歓喜の歌」を合唱しました。クマノミは自分では歌わないのに、クラスメートが音をはずすのが気に入らないようで、もんくを言っていました。でも、怒ることもなく、無事文化祭は終了。ドイツ語で歌ったいたのにはびっくり。クマノミは全く歌っていなかったようですが、後で歌ってと言ったら、サビの部分だけしっかり歌ってくれました。ドイツ語は適当みたいでしたが、音程はばっちりでした。合唱は大成功。皆落ち着いていて、しかも楽しそうでした。100人以上の大人数で自閉症の子もすごく多いのに、感動的なフィナーレでした。

 クマノミはすごく疲れたのか、翌日の今日は11時まで爆睡。体力はあるのに、気を使ったのかしら?

  写真は個人情報が多いので作品しか載せられなくて残念です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。

 2009年はブログの更新もほんどしないで終わってしまいました。今年ももう少しまじめに書かなくては。

 昨年もいろいろ事件がありましたが、クマノミに関しては特に問題もなく、元気いっぱいの一年だったと言えます。ただ、昨年初めから、母にべったりくっついてくる息子に変身した為、私の自由はますます減りました。

 昨年のクマノミとっての大きな出来事は作業実習に参加したことでしょうか?

  機織りや藍染など、初めての作業を思ったより熱心に集中して取り組みました。ただ、作業所からの評価は思ったよりずっと低くて、社会の環境の厳しさが身にしみました。

 それでも10日の間、遅刻もせず毎日片道30分歩いて元気に通ったクマノミわ褒めてあげたいと思います。

 それと、思っていたより、いろんな作業の手順を理解して行うことができることもわかったので今後の参考にしていきたいと思います。

Hata2

こんな感じに、まるで鶴の恩返しのツルのように手をひらひらさせながらゆっくりだけれど
集中して織っていました。

昨年の思い出の写真も貼っておきます。

Akatuka2

赤塚不二夫展にて

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«夏休みの絵日記